大豆レシチンの効果・効能とは?

大豆レシチンは、不飽和脂肪酸のことで、細胞膜を作る上で重要な成分で、その名の通り大豆が含んでいる成分です。身体全体の細胞膜に働いて、細胞を正しい状態に保つ作用があるため「若返りの栄養素」という異名があります。

 

大豆レシチンって何?効果・効能

 

大豆レシチンって?

 

大豆レシチンは、リン脂質とも呼ばれていて、人間の身体にある細胞膜を作り出して、それは脳の40%に含まれています。

 

この膜は酸化されやすいため、日々摂取して補給しないと不足してしまい、細胞の働きが弱くなったりするため、生命の基礎と言える成分です。
レシチンにはコリンという物質が含まれていて、体内でアセチルコリンに変わります。
アセチルコリンは、交感神経や運動神経、副交感神経を伝達する物質であり、神経系が正常に動くには、アセチルコリンが十分に足りている必要があります。

 

その他に、レシチンには血管内のコレステロールや血中コレステロールを溶かして血液をサラサラにする作用があり、動脈硬化や新陳代謝を改善したり、血管に関係する疾患予防にも効果があるそうです。
最近では、レシチンホルモン腺の流れをスムーズにして、婦人病や糖尿病を改善する効果も期待できるそうです。

 

 

抗酸化物質と組み合わせると細胞を元気になる!

 

レシチンがつくりだす細胞膜は活性酸素によって酸化しやすいです。
酸化の進行により細胞の働きが弱くなります。

 

細胞の核にはDNAがあり、これが傷ついてしまうと、不健康な細胞になり、ガン細胞になる確率が高くなります。
リン脂質は失われると再生することが非常に難しくなるので、大豆レシチンでリン脂質を補給することで健康的な細胞を維持することができるのです。

 

細胞膜を酸化させないために、抗酸化成分が必要不可欠となるため、抗酸化物質とレシチンを適切に継続的に摂取することが大事なのです。

 

 

ダイエット効果に期待!大豆レシチン

 

大豆レシチンの効果で血液がサラサラになることで、ダイエットにも効果が期待できます。
コレステロールはいくらかは脳や細胞を作るために必要ですが、脂っこい食事を摂りすぎると、血中コレステロールが増えすぎるので、高脂血症などの原因となります。

 

しかし、レシチンを十分に摂ることで、リポタンパクに余分なコレステロールをくっつけて血中から肝臓に運ぶことができるようになるため、血管内にコレステロールを溜めにくくなり、血中に存在するコレステロールのコントロールをすることができるようになります。
これにより、血流がサラサラになり、代謝が良くなり、冷え性や肩こりの緩和も期待できます。

 

 

効果的な摂り方

 

大豆レシチンの適正な摂取量は、1日7〜15gを1,2ヶ月摂取しつづけることが必要になり、大豆レシチンを摂取し続けることで、10年間続けた場合は10年も健康や若さに違いが出てきます。