血液さらさら効果ナットウキナーゼで低下!その効能って?

日本の伝統食品「納豆」。納豆と言えば健康食材として注目されている食材ですが、その納豆に含まれる納豆菌の有効成分について様々な研究がおこなわれているのです。

 

納豆のネバネバ成分の1つであるナットウキナーゼは、血栓の元となるたんぱく質を分解するたんぱく質分解酵素で、食べることで、血液をサラサラにする効果があり、大注目されています。

 

血液さらさら効果ナットウキナーゼで低下!その効能って?

 

 

ナットウキナーゼって何?

 

ナットウキナーゼは、納豆特有のネバネバに含まれている酵素の1つで、人間の体内で組織や血管が損傷したときに作られる血栓の融解作用があります。

 

血栓は、止血が終わるとプラスミンという酵素で分解されて無くなります。
しかし、血栓の分解がうまくいかずに血栓が残ると、心筋梗塞や脳梗塞,エコノミー症候群などといった病気を引き起こすことがあります。

 

ナットウキナーゼには、このように血栓を融解したり、腸内にある血栓融解酵素を刺激して、血栓融解を促進するなど様々な角度から血栓を融解して、血液をサラサラにするのです。。
このナットウキナーゼの血栓融解の効果は点滴で使われている血栓を融解する薬品であるウロキナーゼよりも強いそうです。

 

 

ビタミンK2を除去する効果

 

食品の納豆には、血液凝固を促進するビタミンK2も含まれており、ナットウキナーゼと全く逆の働きをします。
そのため、ビタミンK2を除去したナットウキナーゼは強力な血栓融解成分として働きます。

 

これまでは、ワルファリン(薬剤名ワーファリン)を服用中の血栓症患者の方は、ワルファリンの効果を弱くする拮抗作用を持つビタミンK2含まれていることが原因で、納豆の摂取を医者から制限されていました。

 

しかし、ビタミンK2が除去されたナットウキナーゼであれば、血栓症患者でも安心して摂取することができるようになりました。

 

 

様々な効果のあるナットウキナーゼ

 

ナットウキナーゼには、血液サラサラ効果以外にも様々な効能があることが臨床研究によりわかってきています。
血液さらさら効果ナットウキナーゼで低下!その効能って?

 

 

夕食後・就寝前に摂るのが効果的!

 

血栓は、夜中から早朝ができやすいため、ナットウキナーゼは夕食の後や夜寝る前に摂るのが効果的です。
40代以上の方、血圧が高めの方、ストレスの多い方、糖尿病や高脂血症の方は継続的に摂取するようにしましょう。