トマトの成分で有名なリコピンって?効果・効能・副作用

リコピンは、アスタキサンチンと同じ、カロテノイドという天然色素の一種です。近年ではこのリコピンに含まれた抗酸化力が注目されています。リコピンはトマトに多く含まれていることが有名ですが、リコピンの抗酸化力はビタミンEの100倍と言われており、ダイエットや美容、LDLコレステロールの酸化を抑制するなどといった健康の維持に効果期待されています。

 

トマトの成分で有名なリコピンって?効果・効能・副作用

 

 

 

リコピンって何?

 

リコピンは、カロテノイドという天然色素の一種で、トマトやピンクグレープフルーツ、スイカなどに多く含まれています。
このリコピンは近年、活性酸素を消してしまうという強力な抗酸化成分であるという点で注目されていて、同じく抗酸化作用のあるルテインやβカロテンのように一目置かれています。

 

リコピンの強い抗酸化力には色々な効果が期待されていて、動脈硬化予防、血糖値の低減、喘息改善、ガン予防、美白ダイエットなどの効果があり、その中でも、前立腺がんや肺がん、乳癌の増殖を抑える働きや、LDLコレステロールの酸化を防止する効果も研究で確認されています。

 

 

活性酸素って何?

 

人間の身体は生命維持活動をするために、エネルギーを作って、酸素を消費します。

 

脂肪や糖をエネルギーに変換するとき、外から入ってきたウイルスや細菌を除去するときに、活性酸素が生成されたり、排気ガスや紫外線、化学物質やストレスなどでも活性酸素が作り出されるそうです。

 

トマトの成分で有名なリコピンって?効果・効能・副作用

 

これが、生活習慣病やがん、認知症や老化など、様々な病気原因になっていることが近年の研究により明らかにされています。

 

抗酸化酵素は加齢により減っていき、それにより活性酸素を分解することが難しくなり、様々な病気を引き起こしやすくなるため、サプリなどから抗酸化成分を摂ることで活性酸素を除去して、健康的な生活を維持することができるでしょう。
リコピンは脂溶性のため、細胞膜にたくさん存在して、細胞を活性酸素から守ります。

 

 

リコピンの健康効果って?

 

リコピンの持つ抗酸化作用には悪玉(LDL)コレステロールの酸化を抑える効果があることがわかっています。血液中のコレステロールが酸化すると血栓が生成されて血流の障害となり、、それにより様々な病気や体温低下が原因で起こる免疫力低下などの健康障害が起こりやすくなります。

 

リコピンがかっせし酸素を除去するため、血流が良くなる効果があると考えられています。
血流が良くなると代謝が活発になって、脂肪が付きにくい体質になって、肥満になるのを予防することができます。
また、この抗酸化作用は、活性酸素が原因となっておこる、動脈硬化や高血圧、糖尿病などといった生活習慣病を予防したり改善できるそうです。

 

さらに、リコピンの抗酸化力は、美容の面でも注目されています。
肌が紫外線にさらされることで活性酸素が生成されて、シミやしわなどの肌トラブルの原因となります。
リコピンの抗酸化力が、活性酸素から肌を守って、美肌効果を生み出したり、シミの原因となるメラニン生成を抑えて美白に導くなどの効果が期待できます。

 

 

リコピンの健康効果って?

 

トマトの成分で有名なリコピンって?効果・効能・副作用

 

 

効果的な摂取方法

 

リコピンを特に多く含む食品はトマトです。
リコピンを効果的に摂取するには、1日15mgほどで、大きめトマト約2個分、トマトジュース1缶(約150m?)ほどの量が必要となります。ダイエットしたい場合は、1日トマトジュースで600mlほどが必要です。また、リコピンは耐熱性の成分で、生のトマトよりも加熱した方が効果があるそうです

 

ただ、現実的に毎日この量を摂りつづけることは難しいのでサプリを併用することで効率的に摂ることができるでしょう。