アスタキサンチンって何?効果・効能・副作用など

アスタキサンチンは、カロテノイドという天然の色素で、生活習慣病や老化の原因となる活性酸素をなくす、抗酸化作用を持つ成分です。
また、他の抗酸化作用をもつ成分では入りにくい脳や目の奥にも届き、作用するのです。

 

 

 

アスタキサンチンって?

 

アスタキサンチンは、カロテノイドです。イクラやサケ、エビやカニに多く含まれていて、熱することで赤くなるのが特徴です。

 

カロテノイドは天然にある植物性色素の総称で、アスタキサンチンだけでなく、リコピンやルテイン、βカロテンなどもあり、これらの成分は人間の体内で作り出すことができず、摂取することで体内に取り込むことができます。
カロテノイドの中でも特にアスタキサンチンは抗酸化力が群を抜いていて、その効果はビタミンEの約1000倍だと言われています。

 

しかもアスタキサンチンは摂取し続けても約72時間ほどでなくなってしまうと言われていて、体内に蓄積することがありません。

 

 

活性酸素って?

 

人間の体は生命維持活動をするために、エネルギーをつくりだし、その時に酸素を消費します。その使われた酸素の一部が活性酸素に変化して、色々な物質と化学変化を起こして、体内の細胞を酸化させて、老化などど原因となってしまいます。

 

糖や脂肪をエネルギーに変換するときに、外から来たウイルスや細菌を排除するときに、活性酸素が生成されたり、排気ガスや紫外線、化学物質(食品添加物など)やストレスなどでも活性酸素が増えると言われています。

 

アスタキサンチンって何?効果・効能・副作用など

 

この活性酸素が様々な病気の原因になっていることが最近研究によりわかってきました。

 

加齢により、抗酸化酵素が減少してしまうので、活性酸素をすべて分解することが難しくなり、病気にかかりやすくなるため、サプリなどからアスタキサンチンなどを補って活性酸素を無くしていくことで健康的で若々しい身体を維持することができるでしょう。

 

 

大切な脳を保護する効果

 

脳は体重の2%ほどの重さしかありませんが、非常に酸素を必要としている器官です。全体の20%ほどエネルギーを消費して、さらに酸素も30%〜50%も消費しています。
酸素を大量に消費しているため、その分活性酸素も多く作り出されています。

 

また、脳の半分は脂肪質なので、活性酸素の攻撃を受けやすく、そのため大きなダメージを与えられてしまい、脳の神経細胞が減少してしまい、思考力や記憶力の低下につながってしまいます。

 

脳の神経細胞は加齢によっても減少するので、活性酸素による減少はできるだけ最小限にとどめておきましょう。

 

アスタキサンチンの抗酸化作用はとても強力で、ビタミンEやβカロテンなどでも通ることができない血管脳関門や、血液網膜関門を通ることができるので、毎日摂りつづけるおとで、眼精疲労や脳疾患の予防をすることができるでしょう。

 

 

健康や美容にも効果のあるアスタキサンチン

 

アスタキサンチンの抗酸化作用は、美肌や美白、アンチエイジング、免疫力向上、血流改善などのいろいろな効果ももたらします。 
アスタキサンチンって何?効果・効能・副作用など               

 

 

効果的な摂取の仕方

 

人間の身体は、アスタキサンチンを体内で生成することができないため、外から摂取するしかありません。
アスタキサンチンを含む食品は

 

イクラ
サケ
カニ
エビ

 

など色々なものがありますが、サプリメントを摂取したほうが効果的です。