DHA EPA 働き・効果について

 

記憶力を向上させる成分は多いのですが、一番効果があると言われているのは「DHA・EPA」になります。

 

 

実際に「DHA・EPA」がどうして良いと言われているのか?数々の報告があるのでご確認くださいね。

 

 

 

 

 

日経新聞「DHA・EPA 栄養の宝庫『魚食』のススメ」

認知機能の数値で被験者の6割にあたる18人に改善がみられた。

女子栄養大学の鈴木平光教授らによって、千葉県茂原市の特別養護老人ホームの高齢者30人を対象に、半年間毎日DHA入り魚油カプセル(0.64〜0.8g)を飲んでもらうという調査が行われました。

その結果6割にあたる18人の数値が改善し、認知症22人の内12人、健常者8人の内6人で改善が見られました。

 

血液中の中性脂肪を正常な状態に保つ
DHAには血液中の中性脂肪を正常な状態に保つなどメタボリック症候群予防に効果があることが実証されてきています。

また、ストレスの緩和や精神的な不安や恐怖などに効果があることが、麻布大学の森口教授の動物実験などによりわかってきました。

 

胎児や乳幼児期の脳の神経発達にも効果があることが科学的に実証されています。順天堂大学の清水俊明教授は「不足すると運動機能や認知機能の発達が遅れる」と話しています。

ここ20年、日本人の母乳中のDHA濃度が20%も減っているそうです。


 脳の活性化、癌やメタボ予防… 「魚油」で健康に

 

「頭の良い子ども」とDHA

 

・DHAは脳の細胞膜に多く含まれており、子どもの脳神経発達に関係
・生後すぐからDHAを摂取すると高い評価が見られた
・学童期以降も、DHAを摂ると脳の前頭前野の活動性が向上
・妊娠中や授乳中にDHAを摂取すると、赤ちゃんの脳神経発達を促進する
・魚介類をあまりとらないと母乳に含まれるDHA量が減少する
 原文:「頭のよい子ども」とDHA

 

老人性痴呆症の症状改善

 

魚の眼窩に多く含まれている不飽和脂肪酸のドコサヘキサエン酸(DHA)を健康食品として、老人性痴呆症の患者に投与すると、症状改善に効果があったことが明らかになったことが、相模中央化学研究所の矢澤一良研究員や、群馬大学神経精神科の宮永和夫講師らによって日本薬理学会で発表された。
 DHAの錠剤について